December 31, 2015

2015年が終わりよる!!

12月31日、2015年最終日だ。

今年もいろいろあったんだろうが、あまり良いことはなかった。
何か変化を誓ったが、年を取っていくだけで特別変化もない。

54歳から始めていた「仕舞」を今年1月で止めさせてもらった。

仕舞の地謡が、なかなか覚えられない。
仕舞のお稽古では、自分で地を謡えないと、所作が連続しない、舞えない。

それに才能がない。舞のメリハリがなかなか出来ない。
とか、きつくなって、止めたくなった。ってのが原因。

お謡いは続けている。見台上の本を見ながらだから、楽だ。

本当は、覚えたほうが良い。正面を向いて声も出せるし、うつむきじゃないから見た目もよい。
仕舞の地さえ覚えられないのに、仕舞の3倍くらい長くはとても無理だ。
試みもしていない。趣味の世界だからそんなに苦労してまでも、したくない。

スイミングとジムトレーニングは、続いている。
ジムは2階でスイミングは1階だから、上も下もやっている、と言う。
だけどこれを毎日やったら、疲れる。過労が出る。からだ壊したら何にもならんから、一日置きだ。

旅行もなかなかできない。
母や弟のからだ具合が良くなくて、何泊もは無理だ。
日帰りで、時々温泉には行っているが。

年末にかけて、「喪中につき」のはがきが多くなってきた。これも自分が高齢化している現象だ。

今年最後のブログ。丸々一年さぼっちゃった。

もしこれを見られる方がいらっしゃったら、今年一年本当にお世話になりました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

私も高齢にメゲズに、来年も変化を求めて頑張ります。


| | Comments (0)

December 31, 2014

2014年も今日でお仕舞

いつもこの日に思うことだが、アラッと言う間だね。

速い速い。

この暮もお陰様で、家族皆、元気で過ごせそうだ。
娘と息子は郵便局で年末の忙しさを、十二分に味逢っている。
我ら夫婦は、年末の気忙しいさを紛らしながら、過ごしている。

チョット変化が乏しいな。
来年は、少しは進展?進歩?が欲しいな。

頑張ろう、と思いつつこのブログを閉めよう。

年内は、本当にお世話になりました。
皆様、良いお正月をお迎えくださいませ・・・。

| | Comments (2)

November 16, 2014

菊花展 in石橋文化センター

今月13日まで、菊花展があっていた。
きれいです。

先ず大菊。
640x480

640x480_2

640x480_3

つぎに小菊。

640x480_4

640x480_5

640x480_6

菊盆栽。

640x480_7

いっぱいあって紹介しきれない。

ついでに、文化センターの秋。

640x480_8

撮影、11月11日。


| | Comments (0)

October 29, 2014

第80回記念 久留米喜多会秋季謡曲大会

10月26日(日)、久留米芸能会館にて、開催された。
この日は薄曇りだが暑からず寒からずで、良い日和だった。

記念大会ということで、湯呑みの記念品が配られた。
素謡 20番、仕舞 11番、追加 1番(会長が亡くなれたので、附祝言が変更)。

自分は、仕舞「融」、素謡「項羽」のワキ。それと仕舞「巴」「賀茂」の地謡に出た。

「融」は舞と謡と拍子が一緒のところがあり、なかなか旨くいかず苦労した。
何とかその部分は熟せた、と思う。
反省点は、いつもながら緩急の付け方、序破急がうまくいかないところだ。仕舞の永遠の課題だ。

この日、別の方も「融」を舞われた。
先生が違うと、こうも別の舞になってしまうのか(別の流派か?)と戸惑いを感じたことだった。

会が始まって間もなくの仕舞、素謡は午後の中間くらいで、気分的に楽な出番だった。

これで今年の会も、終り。
次は、来年1月24日の小郡博謡会だ。
仕舞は「弓八幡」。稽古期間が短いので仕舞も短いのを、と希望した。

うまくいくか?お楽しみだ。

| | Comments (0)

October 13, 2014

崇高なる歴史と自然 「高良山」山歩き 吉見岳コース

10月12日、久留米まち旅に参加する。
タイトルに「高良山観光ボランティアガイドと史跡をたどる」が頭に付く。

参加者は、約20名。それにボランティアガイドさんが6名ほど付かれた。

一の鳥居をくぐって、御手洗池、御井寺に寄り吉見岳を目指す。ガイドさんからそこ、ここで由来等説明あり。
高良山を本当に大事になさっているな~、と感心しながら付いていく。

山道沿いに、小さな谷川が流れている。小学生のころ遊んだ頃にはサワガニにがウロチョロしていたのを思い出す。
北谷と中谷の合流地点を通る(中谷が北谷に合流)。

Img_1145_640x480

久し振りの山登り?だ。木々の緑が気持ちよい。

Img_1146_640x480

間もなく吉見岳に着く。
標高157mだそうだ。どういう訳かわからないが日の丸の旗が翻っていた。
桜の時期は、きれいな所だそうだ。

Img_1149_640x480

Img_1154_640x480

豊臣秀吉が陣を築いた時の本陣跡に琴平神社があった。

Img_1150_640x480

ここを過ぎて登っていたら茶店の横から高良大社に着いた。
階段を上り本殿で、お祓いを受ける。その後宮司様からお話を頂く。
ボランティアガイドさんたちが地元の人だから、融通が利いたのだろう、有難かった。

茶店で、栗ごはん、豚汁、ところてんの御馳走になった。食べながら、久留米市街を眺める。
日の丸が見えるから、そこが吉見岳と分かる。

Img_1161_640x480

帰りは、参道を下る。
途中、旧宮司邸 広場による。ここでは紅葉の名所で、11月には紅葉狩りの催しがあるそうだ。
ここに氷室があると案内された。

Img_1165_640x480

氷室とは、「氷や雪を貯蔵することで冷温貯蔵庫として機能する専用施設のこと」 で能の演目にある。
(今回の旅?には蝉丸、高良山と三つお能の題があった)

山を下る途中、年配のガイドさんが、「自分が見つけた」と自慢そうに紹介された「夫婦榊」があった。

Img_1166_640x480

今から宣伝していくそうだ。ほのぼのとした気分になる。
こういう高良山愛の人がいるのは、頼もしい限りだ。

ガイドのリーダーの方、どこか知った方だと思ったので、声かけたらやはり知人であった。
ボランティアとは、賃金はないけど勉強には金が掛かる、とボヤいていた。
本当に高良山に詳しい方だ。多分「高良山観光ボランティアの会」の会長だと思う。
朝10時から昼2時ごろ終わったが、楽しませていただいた「まち旅」だった。

久し振りの山歩きだったので、足腰が大丈夫かなヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ。


| | Comments (3)

September 10, 2014

ぶどう狩りのついでに

お恥ずかしい。久し振りのブログだ。

今日は、奥様達孝行だ。
連れは、嫁と嫁の妹だ。この姉妹仲が良い。

先ずは、田主丸の「ぶどう狩り」
知人からの紹介で「中野勝義巨峰園」へ。県道151線と所謂「山苞の道」の中間にあった。
今年の夏は雨が多くて、九月の中旬になるのに熟れていないと、巨峰園の娘さんが言っていた。
八月は内23日が雨だった、とはテレビニュースで聞いた。
それでも冷やした試食用の巨峰は、甘くておいしかった。
640x480


480x640

狩りを終え、「山苞の道」に向かっていたら、白い彼岸花が咲いていた。
640x480_3

最近オープンした、テレビで売り出し中の野菜直売店「樹蘭マルシェ」に寄る。
ちょっと高い、と嫁はい言っていた。
640x480_2

次は、目的の一つだった、うなぎ屋さんへ。
筑後川沿いにある「立花荘」だ。妹のお勧めだ。
嫁が、土曜丑の日あたりから「うなぎ食べたい食べたい」云ってていたのが、実現できた。
せいろむしの特注品だ。
640x480_4

うなぎが大きくて、ご飯の量が多くて満腹した。

お品書きだ。現行の価格だ(うなぎ事情でネットで出てた価格と大分違う。また変動すると思う)。
640x480_5

嫁の妹は社交的で、「樹蘭マルシェ」に豚足を納品に来ていた奥さんと親しくなり帰りに店に寄る。
「みのう豚足山歩(さんぽ)」だ。アイスコーヒーを御馳走になる。勿論豚足加工品を買う。今夜の酒のつまみだ。
640x480_6

後、「ヤマダ電機うきは店」と「日本一うまい たい焼きや」によって帰る。

少しは孝行できたかな?

| | Comments (0)

July 25, 2014

大型客船の名前は?

昨日今日と休暇村志賀島へ行った。
玄界灘をいろんな船が通るが、昨日の夕方出港していた大型客船
1_640x480_2

これと、今朝入港していた客船の名前を知りたい。

2_640x480_2


| | Comments (2)

June 23, 2014

平成26年度喜多流謡曲大会(小郡市)

6月22日日曜日、「ひまわり館東野ホール」で開催された。
小郡市の喜多流の方々の発表会だ。御多分に漏れず高齢化でメンバーが少なくなっているので、応援での参加となった。今回の参加者は43名だそうだ。

素謡 17曲に附祝言。仕舞 8曲だった。
自分は、素謡「誓願寺」他3曲の地謡。「賀茂」シテ連、「鵜飼」ワキ連。仕舞「融」「羽衣キリ」の地謡。それと仕舞「嵐山」と、大変だった。
素謡5曲は疲れる。足は痛いし、声はカスレてくるで、修行だ(;´д`)トホホ…。

仕舞「羽衣」では先輩が舞い、別の先輩が太鼓を打たれたが、何かしら心の根を打つっていうか感動する。
笛や小鼓、大鼓、太鼓と囃子があると情感が一層引き立つ( ^ω^)おっおっおっ。

仕舞は最後のほうでちょっと慌てた感じになったが、師匠から卒業と言ってもらう。荒木五流会、久留米喜多会そして今度と、3回出して貰った。神舞は神様になったつもりで舞えば良いのかな?女舞ほど癖がないから舞いやすい、と素人ながらに思った。次は何を舞うのかな?

ところで、小郡市のコミセンは充実してるな~、と思う。今回の「ひまわり館」も新しいし、設備が充実している。羨ましい限りだ。久留米市の場合、建物が古い。それの更新が望まれるところだ。

| | Comments (0)

June 02, 2014

久留米喜多会春季大会

6月1日(日)、第79回久留米喜多会春季謡曲大会が久留米芸能会館にて、開催された。
5月末ごろから夏日が続き館内は冷房がフル回転していた。

素謡20番、仕舞11番に附祝言だった。
素謡「賀茂」のシテ連レと地謡、仕舞「笹之段」「八島」の地謡。
それと仕舞「嵐山」の出演だった。

出が午後になっていたが、自分の段になると出だしの発声がうまくいかない。
少しは、場外で発声練習をしてかからないと、と反省させられる(´Д`;≡;´Д`)アワアワ。
仕舞は、何とか舞えたと思っている( ^ω^)おっおっおっ。

次は、6月22日の小郡喜多会だ。番組表も頂いた。
素謡の地謡が多いので(5曲)稽古が大変だ(;´д`)トホホ…。

| | Comments (0)

May 29, 2014

まち旅 お寺めぐり その3

この間、撮り忘れていたお寺の案内表示を追加する。
実家の近くだから、思い立てば直ぐだ。

640x480


640x480_2

これで17寺全部そろった。
暇だからできることだ(*^ー゚)bグッジョブ!!。


| | Comments (0)

«まち旅 お寺めぐり その2